その3 ヒアルロン酸が肌に良い理由

シワやシミが出来てしまう仕組み

ヒアルロン酸は年齢を重ねるごとにどんどん減っていってしまいます。成人した時にはもう幼児期の4分の1になっているのです。赤ちゃんの時に肌がプルプルな理由はこれです。また、老化の初期現象が現れる場所はヒアルロン酸が多いところと一致しているのです。真皮のヒアルロン酸が減少するとコラーゲン繊維のハリが緩み、肌の基盤が緩んでいきシワが出来てしまいます。

表皮のヒアルロン酸が減少すると、代謝が悪くなり古い角質がいつまでも残り、表皮の老廃物が排出されにくくなりシミが出来てしまいます。このようにしてシワやシミが出来、肌のみずみずしさがなくなり、ハリがなくなっていってしまうのです。

どうすれば防ぐことが出来るのか

ヒアルロン酸が年齢を重ねるたびに減っていくのなら、どうすればいいの?と思ってしまうでしょう。
今現在で私たちが出来ることはヒアルロン酸を積極的に塗る・摂る・入れる、この3つの方法です。

まず「塗る」、これはすでにあなたも使っているかもしれない、化粧品などです。 次に「摂る」、食品から直接取り入れることは難しいので、サプリメントがその代表です。 最後に「入れる」、これは少し身近ではないかもしれませんが、プチ整形などで肌に直接注入する方法です。

これ以外では、体の中でヒアルロン酸を生成できるようにする研究や、体に取り入れやすいようにより小さい分子での生成方法の開発などが今も行われています。 ですから、今後はよりヒアルロン酸を取り入れる方法が身近になってくるかもしれません。